読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グレーなきもち

FRep使い方 画像認識 プログラム編集

FRepとあのアプリの設定時間指定プログラムで自動化させる

スポンサーリンク

 ・時間指定であの操作をしたい

 ・時間ごと,分ごとに繰り返し操作をしたい

をFRepで行おうとすると

 プログラムの前か後に待機時間たとえば一時間をつけて繰り返すという方法がありますが、その間中ずーーっっと画面をつけていなくてはいけなかったりするので、バッテリー的にも地球にもやさしくないです。

ですので、時間の指定に関しては別のアプリを使用するとイイかと思います。

でアプリですが…Taskerと言うAndroid有名アプリがあるそうなんです。

しかし!!私はけち臭いので、、、無料連携アプリのこれをおすすめしたい!!

目次

 ・それがLlama-Location Profiles!!

ラマと読んでくださいこれは無料!!(ただし、FRepに400円課金しないと使用できないのです…)

重要なことですが悪徳会社の注意書きのように小さく書きました笑

これと連動するとFRepで時間指定のプログラムを組みそこからFRepのプログラムを起動させる!なんていう技が可能です!!その他にもFRepはたまに正常動作しなかった時再度プログラム再生させるという技だって出来ちゃうんです。

 

では、まずは時間毎の指定方法です。

FRepでハート的なものの自動送信設定が出来ているテイでお話します。

ラマの設定をしていきます。

・まず起動すると余計な設定があるので消していきます。

全然本題ではないのでそのままでも良いです…

モードタブにに大声、普通、静粛、黙止とありますが、

わたしは基本というかいつでもマナーモード人なので、黙止以外のモードを消しました。 不意に触れるだけで音量が変わってしまいます。

イベントタブを選びます。

いろいろ初期のイベントが入っているのでさっさとすべて消し去ります。

長押し!!→削除!!!!

一応場所を認識して音量調節出来るんだぜっていうただのCMだと思います。

使用したければそのままでも…

・やっと本題!イベントを作成する。

  1. イベントタブを選択
  2. 下の+を選択し新規イベント作成
  3. 条件追加から時間をタッチ
  4. 何時から何時まで行うのか指定
  5. 高度機能を選択
  6. イベントを繰返すにチェック
  7. 繰り返し間隔の指定(たとえば一時間ごととか、、、)
  8. 端末の戻るボタンで戻る
  9. 動作追加から画面オン/オフをタッチ
  10. 画面オン
  11. 動作追加からLlama変数をタッチ
  12. 変数名を適当に変数とか入れて、変数の値に1
  13. 端末の戻るボタンで戻る

まずは画面をオンする設定をいれます、次は…

  1. イベントタブ下の+から新規イベント作成
  2. 条件追加からLlama変数
  3. >を選ぶとさっき適当に付けた変数とかが出てくるので選び、変数の値に1
  4. 了解
  5. 動作追加からLocaleプラグインをタッチ
  6. FRepショートカット(FRepに400円課金しないとでないハズ…)
  7. ハート的なものの自動送信設定プログラムを指定
  8. 動作追加からLlama変数をタッチ
  9. >から変数等、変数の値に2
  10. 了解

これでFRepが動作しますが…画面がつきっぱなしになるので

  1. イベントタブ下の+から新規イベント作成
  2. 条件追加からLlama変数
  3. >から変数等、変数の値に2
  4. 了解
  5. 高度機能…を選択
  6. イベントを遅らせるにチェック
  7. 何分遅らせるを選択
  8. 操作が終わる時間+αを指定
  9. 動作追加から画面オン/オフをタッチ
  10. 画面オフ
  11. 動作追加からLlama変数をタッチ
  12. >から変数等、変数の値に3

な、、、長かった、、、 けどまだ終わりじゃないんです、、、

この後FRepのハート等送信プログラムにちょっと手を加えます。

それは、、、次の記事にします、、、 おやすみなさいませ

 

FRepのその他記事はこちら

広告を非表示にする